ワンフェス2016夏

こんばんは。

ワンダーフェスティバル2016夏、なんとか無事に終えることができました。
今回は例年を超えるたくさんの方々にお越しいただき、今までにない不測の事態もありましたが、皆様お越しいただいたことを感謝しております。
準備の方でも強力な味方を得て、お力を貸していただき、こちらも感謝の限りでございます。

この通り報告が遅くなってしまいましたが、またいつか、近いうちに皆様にお会いできることを楽しみにしております。

文章のみで、失礼させてもらいます。

[PR]
# by flatbase_studio | 2016-07-28 21:38 | 日記 | Comments(0)

いざワンフェス

来る7月24日、ワンダーフェスティバル2016参加の告知をあらためてさせてもらいます!

ワンダーフェスティバル2016夏
フラットベーススタジオ ブース7-03-13(RESTORE内)

b0365880_00181304.png
頒布物
1/35軽量級多目的小型ロボット ¥4500 (ポリキャップ別売) 画像中央上
1/35中量級汎用標準型ロボット ¥8000 (ポリキャップ別売) 画像左上
1/35軽量級多目的小型ロボット用サプライパーツ「メッセンジャー」¥2500 (ロボット別売) 画像右上
1/35各ロボット用フィギュア 各¥500 (ロボット別売) 画像中央下
1/35配達員フィギュア ¥500 画像右端
1/35釣り人フィギュア ¥1000 配達員フィギュア隣
ミニミニ軽量級多目的小型ロボット ¥1000 画像左端(右側)
ミニミニ中量級汎用標準型ロボット(新作) ¥2000 画像左端(左側)

となります!
商品はすべて未塗装・未組立のレジンキャストキットとなります。ご注意くださいませ!

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております!!


[PR]
# by flatbase_studio | 2016-07-23 00:26 | ガレージキット | Comments(0)

フラットベーススタジオは今夏のワンダーフェスティバルに参加します!
ブース番号は7-03-13 RESTOREさんのスペースをお借りさせてもらっての参加です。
過去にブログで紹介した商品を販売しますので、ぜひよろしくお願いします!!

今回の記事はその商品の新作紹介になります!


ミニミニ中量級汎用標準型ロボット
b0365880_00452771.jpg
今年3月に大阪であったGKイベントGWCでデビューを果たしたミニミニシリーズの第2弾になります。






b0365880_00453000.jpg

b0365880_00452750.jpg

b0365880_00452740.jpg
ミニミニシリーズはすでに発表されたロボットたちをさらにミニチュア化させてお手軽にキットを楽しんでいただくために生まれたシリーズです。
パーツ数もオリジナルよりかなり少なめ、ガレージキット塗装の練習にももってこいです。






b0365880_00452775.jpg
しかしギミックはオリジナルにも引けを取らないように!
ミニミニもオリジナル同様にクローが独立し、開閉を選択して組めるようになっております。





b0365880_00452737.jpg
もちろんコクピットハッチも開閉を選択可能。
さらに加えて今回は、胴体も回転します。






b0365880_00452756.jpg
大きさは塗料ビンと比べるとこのくらいになります。
ゲームの駒としては少し大きめですね。





b0365880_00452732.jpg
第1弾の軽量級と。
ボリュームの対比もオリジナルそのままに。

今回は数を多めにご用意する予定でございます!
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております!!





b0365880_00452870.jpg
おやこマシン( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
# by flatbase_studio | 2016-07-16 01:13 | ガレージキット | Comments(3)

b0365880_01182850.jpg
ついにミニミニロボットに新たな仲間が登場!
中量級汎用多目的ロボットがロールアウトしました!!





b0365880_01183394.jpg
近日詳細発表です!お楽しみに!!

[PR]
# by flatbase_studio | 2016-07-15 01:22 | ガレージキット | Comments(0)

その3 奴ら(1)

奴ら(1)
b0365880_23082578.jpg

「奴ら」
そう、奴らとはこの世界に住まう住人たちのことである。

崩壊し尽くしたかに見えた世界でも人類は生き残り、朽ちかけた文明を残された記憶を頼りに蘇らせてゆく。
その一端を担うものたち。

とりわけ、ロボットを扱う仕事はポピュラーになりつつある。





b0365880_23243677.jpg
軽量級多目的小型ロボットは一人からでも整備ができるよう設計がなされているが、四人以上のチームを組むことによって最適かつ高効率な作業ができる。
この者たちは整備工。
彼はそのうちのひとりだ。





b0365880_23243959.jpg
彼もまたその仲間である。
ツナギの色にはオレンジと淡いブルーの2種類で役割が分かれている。
おもに駆動系を担当する者、そして制御系統を担当する者だ。
外装や塗装といったことは皆でやる。





b0365880_23255667.jpg
制御系の最終確認はもちろん一番腕のいいパイロットの役目。
コントロールのタイミングに誤差はないか、パワーはしっかりと調節できているか、シビアなコントロールが要求されるところだ。





b0365880_23244461.jpg
彼らはチームではあるが、やはりできの悪い者もいる。
さぼりグセのある者は無理にでも引っ張り出して教育しなおすのだ。






b0365880_23244139.jpg
彼がチームをまとめる長。
いつもニコニコと笑顔はたえないが、かの者こそ一番の怠け者であり、四人をコントロールしてしのぎを削っているようだ。
もうお気づきかもしれないが、前者の四人は顔が同じ兄弟である。
彼らがどうしてこの男とめぐり合ったのかは知らないが、チームとして組み続けてすでに長い月日が経っている。
これからも数奇なロボットたちのと出会いは続くであろう。
b0365880_23542867.jpg
と、いうわけでこの世界の名もなき者たち、奴らの紹介でした。
ロボットにはやはりパイロットであろう、という不文律は破れません。
これらはすべてロボットと同じ1/35スケールで製作しております。
現時点での紹介は、この5体。
皆整備工の仲間ですが、これからもたくさん、シチュエーションの違った「奴ら」が増えていきます。
お楽しみに。

[PR]
# by flatbase_studio | 2016-06-30 23:58 | Comments(0)